便利なECサイトの課題とは?

ECサイトの構築方法

How to ECサイト

ECサイトはオープンソースタイプのソフトウエアが利用できます。
市販のソフトウエアもありますが、扱う商品の数によってはオーバースペックなことも多く、作りたての場合はオープンソースタイプで進めることが多くなっています。
ECサイトの機能としては商品展示、レコメンド機能、決済機能が必要です。
特に決済機能は差がつきやすいところでもあります。
決済機能といえばクレジットカード決済や代引き、コンビニ決済などがありますが、利用するオープンソースタイプのソフトウエアによってモジュールが提供されていないケースも多く、決済方法についてもサイト構築前に決定してくことが大事です。
特にクレジットカードとコンビニ決済については利用出来る会社がかなり違いますので決済代行会社を利用する際には注意が必要です。
また、月々の利用手数料もかなり違います。
ランニングコストをオープンソースの利用で減らしていても決済コストで赤字というサイトも多いので利用にあたっては予想売上をしっかり吟味することも大事です。
ECサイトについては検索サイト向けのSEOが重要ですが、SNS対応も重要です。
可能な限り、公式として情報をしっかり出していく姿勢が必要です。

効率のよいECサイト構築

ECサイトは作ったら終わりではなく、PVに合わせて適切なサーバを選択することが大事です。
サーバ選択を誤るとサイトが重くて販売機会を失ったり、最悪落ちて販売が継続できないケースも多いです。
特にPVが爆発的に増えることが多いSNSが利用されるようになって瞬間最大のPVでサイトが落ちるケースが多くなっています。
そのため、事前にSNSでの紹介がわかっているケースではサーバを増強している事が多いですが、PVは時間とともに平時に戻ることが多く、強化したサーバの利用期間が残っていれば無駄になってしまします。
そこでECサイトの効率的な構築方法としてクラウドの利用が増えています。
レンタル形式でも取扱が増えている方式ですが、利用するサーバではなく、利用したサーバのCPUなどに応じた課金が特徴です。
構築方法は変わりませんが、コスト計算がまったく異なり、多くのサイトでは利用率が一気に下る深夜での無駄なサーバコストがなくなると注目されています。
また、SNSなどからの爆発的なPVにも対応できるのも嬉しいところです。
PVの増減に合わせて自動でCPUやメモリ、データベースが増強されますので、サーバに詳しくない方でもコストをしっかり踏まえて選ぶことができます。

貿易ビジネススクールサイト

貿易ビジネスを行って短い時間で高収入をゲット!

在宅中国貿易とは新しいビジネスモデルです